須江監督インタビュー全文!経歴も感動~青春って凄く密は流行語大賞

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

仙台育英高校 須江監督の優勝インタビュースピーチ)は感動でした。

全文動画もあるのでよかったら。

さらに経歴にも感動しました。
だからあんな素敵なスピーチができるんですね。魅力あふれる須江監督です。

『青春って、すごく密なので』流行語大賞にもなりますよね~発表が楽しみです。

目次

仙台育英 須江監督優勝インタビュー(スピーチ)

仙台育英高校野球部 須江監督

2022年8月22日

甲子園

仙台育英 須江監督 優勝インタビュー

『青春って、すごく密なので』

私は生で見てましたが涙がでてきました。

高校野球だけでなく

世界中の学生に向けた言葉だったのではないでしょうか。。。

インタビュー動画(スピーチ)

↓動画はこちら

インタビュー全文(スピーチ)

↓こちらは文章で読めます。

一部抜粋させて頂くと

「入学どころか、多分おそらく中学校の卒業式もちゃんとできなくて、高校生活っていうのは何て言うか、僕たち大人が過ごしてきた高校生活とは全く違うんですね。青春ってすごく密なので。

でも、そういうことは全部駄目だ、駄目だと言われて、活動をしていてもどこかでストップがかかって、どこかでいつも止まってしまうような苦しい中で、でも本当に諦めないでやってくれたこと。・・・・・本当に全ての高校生の努力のたまものが、ただただ最後、僕たちがここに立ったというだけなので、ぜひ全国の高校生に拍手してもらえたらなと思います」

河北新報オンラインニュースより引用

『青春って、すごく密なので』流行語大賞!

『青春って、すごく密なので』

『青春ってすごく密』に短縮されるかな

いずれにしても

おそらく流行語大賞(ユーキャン新語・流行語大賞)になりますね!(^^)!

12月1日が楽しみです。

須江 航(すえ わたる)経歴プロフィール

こんな感動的なことを言う

須江監督って

どんな方なのか気になったので調べてみました。

須江 航(すえ わたる)

1983年4月9日生 

現39歳

埼玉県比企郡出身

2013年結婚

2児の父(8歳の息子/5歳の娘)

(2022年現在)

学生時代

学生時代

小学2年時から野球を始め

大学卒業するまでずっと野球部

●中学(1996年~):埼玉県 鳩山町立鳩山中学校卒

●高校(1999年~):宮城県 仙台育英高校

●大学(2002年~):青森県 八戸大学

高校時代は学生コーチ/マネージャー

大学時代もマネージャーでレギュラーではないんです。

高3の時には

春夏連続で甲子園大会出場

記録員としてベンチ入りしたそうです。

須江監督

高校に入った時

入部した日に絶対にメンバーになることは無理だと思えるくらい他の部員との実力差を感じ、その中で過ごすうちに『何をどのように努力して、何がどれくらいになったら試合に出られるのか』ということが知りたいと思うようになったそうです。

1試合も出たことがないけど

リーダーシップを買われ2年秋に学生コーチに転身!これがきっかけで指導者を志すようになったとか。

監督なったことも、

現在データを基に選手の育成やレギュラーの選考を行っていることも、原点は自分の高校時代の経験や思いあったんですね。

大学卒業後(就職先)

大学卒業後(就職先)

●2006年4月~ 秀光中等教育学校 野球部監督(仙台育英高校系列校)

●2018年1月~ 仙台育英高校 野球部監督

須江監督

恩師(佐々木順一朗)の辞任に伴い

急遽2018年1月から仙台育英高校の野球部監督になることになったのですが

急なことだっただけに

秀明中学の野球部員への思いを

フェイスブックに投稿されており、これまた感動するものでした。

【日本一からの招待】という画像のとこにあります。

須江監督フェイスブック(FBはこちら

(FBに登録してれば見れます)

秀光中学 野球部監督

秀光中学

2006年~2017年12月まで12年間 

須江監督

大学4年生の時に

埼玉県の某高校に教員として採用していただく予定でしたが

冬に恩師(佐々木順一朗)に声をかけて頂き

創設する秀光中学野球部監督(仙台育英高校系列校)になったそうです。

この中学野球部での指導経験(試行錯誤)が

いまの高校野球部指導の原点になっているそうです。

12年間に 

創設まもない野球部だったにも関わらず

スポンサーリンク

全国中学校軟式野球大会

7回も出場

しかも2014年

監督になって8年目で優勝!と、恐るべき成績を残されました。

2014年第36回全国中学校軟式野球大会

優勝した時

須江監督(先生)が生徒達にむけた言葉がこちら

『全国8800校の中学校のうち全国大会に出場できるのは25校であり、そこで1度も負けることがなかったのが秀光野球部だということを話し、昔は日本一になるなんて夢みたいな話でしたが、言い続けてやってきた結果が実を結んだのだと思います。目標を強く持ち続けること、叶うと信じること、それを実証してくれた心強い生徒たちではありますが、会場の皆さんと同じ中学校1.2.3年生です。これから一緒にがんばっていきましょう』と生徒達にエールを送ったそうです。

秀光野球部2014年TOPICSより引用 

須江監督は昔から素敵なスピーチを発していらっしゃったのですね。

須江監督のFBより引用

ところで

全国大会へ行ける確率ですが

高校より中学の方が難しいんです。

【高校硬式野球】約4000校中49校が甲子園へ

【中学軟式野球】約8800校中25校が全国へ(2008年までは16校)

なのに須江監督は12年間中7回も出場しかも優勝までして

あっぱれ!です。

仙台育英高校 野球部監督

2018年1月~

恩師(佐々木順一朗)の辞任に伴い

急遽2018年1月から仙台育英高校の野球部監督になることになったのですが

仙台育英高校野球部監督になってからの成績は

2018年 全国高校野球選手権大会(夏)2回戦

2019年 全国高校野球選手権大会(夏)ベスト8

2020年 コロナで中止

2021年 選抜高校野球大会(春)ベスト8 

2022年 全国高校野球選手権(夏)優勝!

優勝は監督になって5年目

監督になられて5年目ですが

2020年はコロナで大会中止だったことを除けば

毎年甲子園に出場しているんですね。

あっぱれ

須江監督のFBより引用

須江監督(先生)の指導法

須江監督(先生)は、

秀光中学時代

全国中学軟式野球大会でも常連校、さらに優勝!

仙台育英高校でも

全国高校野球選手権の常連校、さらに優勝!

どうしてそんなに強いチームが作れるのでしょうか?

須江監督の指導法がこちらの記事にありました。

↓良かったら。

まとめ

素敵なお話がいっぱいです。

(他にも素敵な話はいっぱいあると思いますが、見つけたツイートを紹介させて頂きます。)

須江監督と親御さんのおかげですかね。

背番号13:主将 佐藤悠斗選手

Twitterより引用

背番号14:岩崎生弥選手

仙台に戻り優勝報告も。

今日あたり3年生は部室の片付け?

それとも1日位オフかな?

新チームもはじまりますね。これからも頑張って下さい。

須江監督の嫁・娘・息子のことはこちらの記事で↓

あわせて読みたい
須江監督の嫁はキレイ音楽教師でしっかり者/娘&息子は球場アイドル 仙台育英高校野球部 須江航監督 ご家族(嫁・娘・息子)のことも調べてみました~。 嫁はキレイだし子供達は可愛いし理想の夫婦でしたよ♡ 甲子園優勝インタビューから...

この記事が気にいったらシェアしてね。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

スポーツやエンタメ・ライブ情報をまとめたり、日常商品の口コミレビュー等、いわゆる雑記ブログを運営してます。

目次
閉じる