森重航スケートこれまでの記録、武器は粘り強い足腰!ラップも強化!

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

森重航さんは

現在、専修大学3年生21歳

昨年は[飛躍]の年!

500mで3回優勝
10月全日本距離別選手権で初優勝し[新星]と呼ばれ
W杯では日本人で2人目の33秒台をマーク

1000mでも3位に入るという好成績をおさめ
北京五輪の代表選手になりました。

北京五輪では500mと1000mに出場します。

この記事では

森重航さんのこれまでのスケート記録当時のエピソードを調べまとめています。
北京五輪メダルを目指してGO!

[追記]北京五輪2022 

500m🥉銅メダル!!!34.49秒[超新星]と呼ばれはじめました。

1000m 16位 1分9秒47でした。

目次

森重航スピードスケート これまでの記録

ここでは毎年のベスト記録を載せますが、

検索して調べたものなので間違いがあったらごめんなさい。

森重航さんは

前年と比べて遅くなってしまった年度もありますが
中学3年⇒大学3年の6年間
500mは3.37秒

1000mは7.23秒も早くなっていることがわかります。

年度でベストタイムを掲載

2016年:中学3年
・500m優勝(37.72)・1000m(1.15.82)
2017年:高校1年 
・500m 8位(37.72)
2018年:高校2年 
・500m優勝(35.91)・1000m 優勝(1.13.01)
2019年:高校3年 
・500m4位(36.26)
2020:大学1年 
・500m3位(36.32)・1000m4位(1.14.63)
2021年:大学2年
・500m(34.82)・1000m (1.10.09)
2022年:大学3年
・500m優勝(33.99)・1000m3位(1.8.59)

2022年北京五輪

・500m🥉銅メダル(34.49秒)・1000m 16位(1分9秒47)

詳しく見ていきますね。

森重航スケート 幼稚園からはじめる

幼稚園の年長からスケートをはじめ
「おにぎり持参で一日中、1人でスケートをしているスーパー保育園児がいる」
と幼稚園で話題になったほどだそうです。

8人兄弟の末っ子なので、兄や姉と一緒に行っていたのかもしれませんね。

森重航スケート記録 小学校時代

別海町立上風連小学校

(小学校は推測です。中学が別海町立風連中学校なので近い小学校かと)

スピードスケートを始めたのは小学2年生

別海スケート少年団白鳥に所属

別海スケート少年団白鳥はこんな感じのとこです。

めざましテレビより引用

スポ少時代の監督いわく
森重航選手は、のみ込みが早かった、自分からどんどん吸収したとのことでした。

ワイドショーで見たのですが

5年生の時の航選手、銀メダルでしょうかね。

めざましテレビより引用

森重航スケート記録 中学時代

別海町立上風連中学校
別海スケート少年団白鳥に所属

2016年(平成28年)
中学3年生全国中学校スケート大会では旗手をつとめ

記録は 
500m優勝(37.72秒)
1000m優勝(1分15.82秒)

https://twitter.com/mori_spsk/status/694824686652231680?s=20

森重航スケート記録 高校時代

山形中央高等学校(県立)

高校1年、2016年7月に届いたシューズはこちら

1年間は履かれたのですかね。

現在はどのようシューズを履いているのかチェックしたいと思います。

https://twitter.com/mori_spsk/status/752495145107333120?s

2017年:高校1年 

【全国高等学校スケート選手権大会】 
500m 8位(37.72秒)
1500m 8位(1分58秒83)
【全国高等学校選抜スピードスケート競技会】 
1000m 3位

2018年:高校2年
【全国高等学校スケート選手権大会】 

500m 2位(37.28秒)

1000m12位(1分16秒59)

【全日本ジュニアスピードスケート選手権大会】

500m 3位

1000m 8位

1500m 8位

【全国高等学校選抜スピードスケート競技会】 

500m 優勝(35.91秒)

1000m 優勝(01:13.01)

2019年:高校3年
【全日本ジュニアスピードスケート選手権大会】

500m 3位(36.93秒)
【全日本選抜スピードスケート競技会】

スポンサーリンク

500m4位(36.26)

森重航スケート記録 大学時代 現3年

専修大学

2020:大学1年 
【世界大学スピードスケート選手権大会】

500m 3位(36.32秒)

1000m 4位(1分14秒63)

2021年:大学2年
【全日本選抜スピードスケート競技会】

500m(34.82秒)

1000m (1分10秒09)

現在

2022年:大学3年

【全日本距離別選手権】

500m優勝(34.64秒)

1000m 5位(1分9.62秒)

初優勝して[新星]と呼ばれるようになった瞬間です。


【W杯トマシュフマゾビエツキ大会】
500m3位(34.74秒) 


【W杯ソルトレークシティー大会】

500m優勝(33.99秒)

日本男子2人目の33秒台マーク!

【北京五輪代表選考会】

500m優勝(34.50秒)

同郷でもある日本記録保持者の新濱立也選手(25歳、高崎健康福祉大職)にも0秒03差で競り勝ち

【北京五輪代表選考会】

1000m3位(1分8.59秒)

1000mに関しては、想像できないタイム!自己ベストを1秒近く更新できたので本当に驚きました。とのこと

https://twitter.com/online_on_ice/status/1476505848499564552?s=20

森重航 銅メダル!!! 北京五輪スピードスケート500m

2022年12月12日

500m🥉銅メダル!!!34.49秒

1000mは1分9秒49で16位でした。

森重航スケート記録、進化の武器は?

森重航さんが

新星と呼ばれるほど飛躍した理由は

武器ともいわれている
後半の粘り強さ
後半のカーブでスピードを落とさないことです。

航自身もコーナーでの加速が得意と言ってるくらいで

それは幼少期から磨かれた足腰の粘り強さからくる賜物でした。

北海道別海町出身の航さんは
小学2年からスピードスケートを始めてますが

練習場までが遠く20㎞
小中学校の夏場は自転車で通っていたそうです。
アップダウンが激しく鍛えられたのがベースになっているようです。

めざましテレビより引用

小さいころから鍛え上げられた足腰に加え

更に

ナショナルチームの練習で
お尻を下げ、股関節からの力をしっかりスケートに乗せる滑り方を取り入れ
今までとは全く違うフォームというのに、
わずか数カ月で自分のものにしスタートも、ラップも、速くなったようです。

スピードの乗せ方がよくなったことで
スタートからスピードに乗せ加速し
後半の粘りにつなげられるようになったことが飛躍の理由とか。

最近のウエイトトレーニングでは
数値でレベルアップしているらしく、日々成長中

日々のトレーニング
速くなったスタートとラップと
後半の加速で北京五輪でメダルを狙う!!

北京五輪、金メダルへGO!

森重航 プロフィール

ところで

森重航 [もりしげわたる] さん

JSF公式ページより引用

生年月日:2000年7月17日(現在21歳)
出身地:北海道別海町
身長:175cm
体重:72㎏

所属:専修大学 法学3

別海町立上風連小学校 (小学校は推測です)

別海町立上風連小学校

山形中央高等学校

2019年~専修大学

2021年~強化選手

2022年 北京五輪

応援していきたいと思います。

あわせて読みたい
森重航(Wiki)高校や中学、出身地や兄弟、彼女やSNSなどまとめ 森重航(もりしげわたる)選手は 現在専修大学の3年生ナショナルチームに入って1年目 昨年(2022年)は 500mで3度の優勝を果たし (全日本距離別・W杯・五輪選考会にて...
この記事が気にいったらシェアしてね。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

スポーツやエンタメ・ライブ情報をまとめたり、日常商品の口コミレビュー等、いわゆる雑記ブログを運営してます。

目次
閉じる